建設キャリアアップシステムの作業員名簿登録の基礎知識

ご訪問ありがとうございます

石川県七尾市の行政書士多賀と申します

 

今回は建設キャリアアップシステム(CCUS)の作業員名簿登録の基礎知識について解説します

作業員名簿登録は技能者さんの就業履歴を蓄積するための重要な作業ですので、

建設キャリアアップシステム(CCUS)に登録された際はご一読ください

 

 

作業員名簿登録とは?

作業員名簿登録とは建設キャリアアップシステムに登録された現場契約情報に

現場で働く作業員さんをシステム上、紐付けることを指します

紐付けることで、現場作業員がキャリアアップカードを読み込んだ時に就業履歴が蓄積されます

この作業員名簿に登録できる技能者は技能者ID(建設キャリアアップカード)を取得している者のみです

技能者ID(建設キャリアアップカード)を取得していない技能者は登録できません

 

 

作業員名簿登録の重要性について

前述した通り、作業員名簿登録は建設キャリアアップシステムにおいて

所属技能者の就業履歴を蓄積するために非常に重要な作業になります

就業履歴には「立場」や「職種(技能職種)」なども含まれます

レベル判定(能力評価)申請を行う際は、就業日数や立場、職種(技能職種)も

建設キャリアアップシステムに登録された情報が判断基準になります

※令和2年現在、経過措置が取られています

 

 

作業員名簿登録を行う際の注意点

作業員名簿登録の際の注意点として、

作業員名簿登録を行うには、事業者IDと所属技能者が関連付けされている必要があります

関連付けされていないと、所属事業者は対象の技能者の作業員名簿登録が行えません

また、作業員名簿へ所属技能者の登録が漏れてしまいますと

現場作業員が現場にてカードをかざしたときに

建レコから「施工体制に未登録です」とエラーメッセージが表示されます

この場合は現場管理者IDで作業員名簿に登録するか、

就業履歴をマニュアル入力する必要があるので注意が必要です

 

作業員名簿登録(個別登録)の方法はこちらから

 

当行政書士事務所では建設キャリアアップシステム登録の無料相談や

登録のご依頼など承っております!

また、登録済みのお客様も運用/操作のご質問を承っております。

お問い合わせはこちらから↓