ゼロから始める技能者登録(システム入力編②)

ご訪問ありがとうございます

石川県七尾市の行政書士多賀と申します

 

今回は建設キャリアアップシステムへの技能者登録の操作方法

ゼロから始める技能者登録(システム入力編②)の

第2部 - 本人情報から社会保険情報の入力 - について解説させていただきます

まだ、第1部の申請用IDの取得から個人情報等の同意を読まれていない方は

先に第1部ーゼロから始める技能者登録(システム入力編①)をお読みいただけると幸いです

 

【本人情報の入力から社会保険情報の入力】

ここでは建設キャリアアップシステムへ本人情報から社会保険情報の入力について

ご説明させていただきます

なお、システム登録中に入力をしばらく放置するとタイムアウトエラーや

予期せぬ不具合で、入力した情報が消える可能性があるので

時おり「一時保存」ボタンで入力内容を保存することをお勧めします

 

技能者情報の入力

個人情報やシステムへの利用規約への同意が完了すると画面が切り替わります

【 技能者氏名 】

 まずは日本国籍か外国籍かを「はい」「いいえ」のラジオボタンで選択します

 登録したい技能者氏名を入力して下さい

 ↑間違えると申請不備となります

 カタカナは全角にしてください

 国籍が日本で本人確認書類等にミドルネームの記載が無い場合は

 ミドルネームを入力する必要はございません

 この場合「ミドルネームを入力する」がOFFになっていることを確認してください

 

 外国籍の方でミドルネームがある場合はミドルネームを入力してください

 外国籍の方でファミリーネーム・ギブンネーム、ミドルネームがわかれていないワン

 ワードの方は本人確認書類のとおりに

 「セイ」「FAMILYNAME」に半角スペースを入力し

 「メイ」「GIVENNAME」に入力して下さい

 FAMILYNAMEやMIDDLENEMEが2語3語以上から成る名前の場合、

 2語や3語の間に半角スペースを入れ入力して下さい

 

【 通称名(旧姓名) 】

 婚姻等で氏名が変わられた方は旧姓名の入力をお願いします

 保有資格の確認書類が旧姓名となっている場合も旧姓名の入力をお願いします

 旧姓を証明する書類(旧姓の記載がある住民票等)の添付をしてください

 また、外国の方で通称名をお持ちの場合は、通称名の入力をお願いします

 なお、通称名を建設キャリアアップカードに記載するかは選択できます

 記載するを選択した場合、カッコ書きで記載されます 

 例:建設 未来(建物 未来)

 

【 生年月日、性別、血液型 】

 それぞれ入力して下さい(手入力できません)

 生年月日は「カレンダー」ボタンをクリックし入力して下さい

 性別、血液型は入力欄をクリックすると選べますので選択してください

 

【 国籍(前頁で国籍を日本以外とされた方に表示されます) 】

 在留カードをご参照し入力して下さい

 

【 現住所 】

 現住所は添付する本人確認書類と同じ住所を入力します

 郵便番号を入力する必要がありますが郵便番号が不明の場合は

 日本郵便の郵便番号検索サイトをご利用ください

 郵便番号をハイフン(-)なしで入力し右側の「住所検索」ボタンをクリックすると

 町名まで自動入力されますので、町名以降入力して下さい

 

【 電話番号、FAX番号 】

 自宅または携帯またはFAX番号のいずれかを入力して下さい

 

【 メールアドレス 】

 技能者申請をする際に指定したメールアドレスが自動で入力されます

 変更したい場合はここで変更が可能です(特に変更する理由がないと思います)

 メールアドレスとメールアドレス(確認用)は同じアドレスを入力します

 

【 キャリアアップカード送付先住所 】

 技能者登録申請が完了すると後日、キャリアアップカードが届きます

 最初の設定「現住所と同じ」になっているのでご自宅に届きます

 このキャリアアップカード送付先住所に技能者登録料の払込票も届きます

 キャリアアップカード送付先住所を会社に変更しても問題ありません

 事業者さんとご相談の上、決定してください

 変更する場合は、「現住所と同じ」のちょっとしたの水色の部分をクリックし

 送付したい住所を入力して下さい

 

【 緊急連絡先住所、氏名、電話番号 】

 最初の設定は「現住所と同じ」になっているので自宅住所となりますが

 緊急連絡先を会社にしても問題ありません

 なお、緊急連絡先は国内で連絡が取れる方をご指定していただきます

 会社代表者様をご指定いただいても構いません

 

入力後「次頁」をクリックします

このとき、エラーがあるとエラーメッセージが表示されます

該当箇所を修正してください

 

特にメールアドレスでのエラーメッセージ

有効なメールアドレスではありません。

メールアドレスとメールアドレス(確認用)が一致しません。

この場合、

入力した文字列が誤っているか

or

メールアドレスの前側もしくは後ろ側に全角スペースや半角スペースが入っている

可能性があります

左側のメールアドレスと右側のメールアドレスにスペースが入力されていないか

確認してください。入っていたらスペースを削除してください

(メールアドレスをコピーアンドペーストするとたまにスペースまでコピペしてます)

 

本人情報の入力

②公的身分証明書の右側の「選択」ボタンをクリックし

 ゼロから始める技能者登録(証明書類編)でご用意していただいた

 本人確認書類の種類を選択し「設定」をクリックしてください

 その下の選択ボタンをクリックしご用意した本人確認書類を添付します

  

③顔写真を添付します

 顔写真選択ファイル名横の「選択」をクリックします

 顔写真を保存しているファイルを選択後、顔写真を「開く」で添付します

 添付すると添付したファイルのサイズが「編集」ボタンの下に表示されます

 顔写真として添付するサイズは294×378pxですので

 添付したファイルサイズが異なった状態で「次頁」をクリックすると下記エラーが表示されます

   顔写真のサイズが不正です

   「編集」ボタンより編集作業が可能です。

   正しいサイズに設定してください

 サイズが異なる場合は「編集」ボタンをクリックして、顔が表示されるように

 □枠の位置を動かします

 このとき□枠がグレーのあみあみの部分にかかると

   顔写真のサイズが不正です

   正しいサイズに設定してください

 と表示されるので、□枠があみあみの部分にかからないようにしてください

 編集後、「設定」ボタンをクリックすることで建設キャリアアップカードに

 載せる顔写真を確定します

 顔写真のサイズを編集すると画像のサイズが294×378となります

 赤色のエラーメッセージは消えませんがスルーしてください

 編集ボタン横の参照ボタンをクリックするとサイズ編集した顔写真がダウンロードできます

※技能者IDを申請したら顔写真は変更できません

 「次頁」をクリックし進みます

 

ちなみにこういう↓のは不備となりますので、スキャンをしなおしてください

   

ボタンの説明

「前頁」・・・前ページでに戻ります

「次頁」・・・次頁に進みます

「一時保存」・・・これまで入力した内容を保存します。処理を中断することができ、

         処理再開時に一時保存したデータを読み込めます

「クリア」・・・入力中の内容が消去され、未選択未入力に戻ります

「キャンセル」・・・処理を途中でキャンセルできます

 

所属事業者情報の入力

所属事業者を検索して登録します

 

①右側の明細登録ボタンをクリックします

 

【 所属事業者が事業者登録が済んでおり、事業者IDをお持ちの場合または所属事業者が建設業許可をお持ちの場合 】

事業者検索ボタンをクリックします

事業者IDor許可行政庁と建設業許可番号を入力し検索ボタンをクリックします

すると対象の事業者が表示されますので、事業者名をクリックします

事業者名の行が青色のライン表示になりますので「設定」ボタンをクリックします

すると、大体の項目が自動入力されるので自動入力されない箇所

メールアドレスや雇用形態を入力して下さい

メールアドレスは事業者さんのメールアドレスです

帳票に反映されるため、できれば雇用年月日まで入力して下さい

入力後「設定」ボタンをクリックし「次頁」に進みます

 

【 所属事業者が事業者登録が済んでなく、建設業許可もお持ちでない場合 】

フリガナから所属事業者名と順に入力して下さい

メールアドレスは事業者さんのメールアドレスです

できれば雇用年月日まで入力して下さい

入力後「設定」ボタンをクリックします

 

職種の入力

職種を入力します

職種とはその技能者さんが主に行っている作業の種類を指します

鉄筋工や型枠工、とび工などを選択します

この項目ですがレベル判定を行う際に重要になります

レベル判定については【解説】建設技能者の能力評価制度(レベル判定)とは

解説しておりますので、またご一読をお願いいたします

ここをきちんと設定しないとレベル判定を受けれませんので、将来受けることを見越して

早々に登録したほうがいいと思います

 

レベル判定を受けるには受けたいレベル判定と建設キャリアアップシステムの

技能職種がマッチしていなくてはいけません。

例えばキャリアアップシステム上、技能職種「鉄筋工」で登録されている方は

基礎ぐい工事技能者のレベル判定を受けることはできません

技能職種「鉄筋工」が受けれるレベル判定は鉄筋技能者のレベル判定です

⇩ページを参考に技能職種を設定してください

【レベル判定】申請したい業種とccusの技能職種

   

①技能職種が決定しましたら、画面右側の「明細登録」をクリックします

②大分類の枠内をクリックし、登録したい職種をクリックし、下の「選択」ボタンをクリックします

③次に小分類から登録したい小分類の職種をクリックし、下の設定ボタンで設定します

 複数個登録する場合は”①”から”③”を繰り返してください

 複数個登録した場合は”主”となるものを1つ選択してください(ラジオボタンで選択できます)

 主としたものが技能者の初期画面に表示されます 

 誤って登録した場合は「行削除」ボタンで削除できます

 技能者ID登録後も変更申請で変更可能箇所ですので、

 いったん仮に普通作業員等で登録しておき、ID作成後にゆっくり変更申請することも

 可能です

 

経験等の入力

ご自身の過去の職歴等を50文字以内で記入します

所属事業者確認用は所属事業者が確認した旨を入力します

 

例:技能者本人記入用:とび工事を5年

  所属事業者記入用:この技術者はとび工事を5年経験したことを証明します

 

社会保険情報の入力

加入社会保険情報を登録します

建設キャリアアップシステムからのガイダンスではこの箇所の入力ミスが

多いので気をつけて進みましょう

 

健康保険情報の入力

健康保険情報の入力はご加入されている健康保険の種類によって変わります

ご加入の健康保険の種類をご確認の上、入力して下さい

 

まずはご自身の健康保険証の保険者名称をご覧ください

 

保険者名称により入力内容が異なります

保険者名称(交付者名)種類
〇〇健康保険組合健康保険組合
全国健康保険協会〇〇支部協会けんぽ
〇〇共済組合各種共済組合
全国健康保険協会 船員保険部船員保険
〇〇市、〇〇区、〇〇町、〇〇村国民健康保険
〇〇国民健康保険組合国民健康保険組合
○○後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療制度

 

【保険者名称が〇〇健康保険組合、全国健康保険協会〇〇支部、〇〇共済組合の場合】

 ・加入状況は「有」を選択します

 ・種類は↑の表を参照し該当する種類を選択してください

 ・保険者番号は入力しません

 ・保険者名称を健康保険証を参照し入力して下さい

 (下に保険者名称が記載されている場所の図がありますので参照してください)

 ・健康保険確認書類は「選択」をクリックし、健康保険証の写しを添付します

  

【保険者名称が〇〇市等、〇〇国民健康保険組合、〇〇後期高齢者医療広域連合の場合】

 ・加入状況は「適用除外」を選択します

 ・種類は↑の表を参照し該当する種類を選択してください

 ・適用除外理由を選択します。適用除外理由横の「選択」をクリックしてください

  適用除外理由をクリックで選択し、「設定」ボタンで設定します

  (適用除外コードは適用除外理由選択後自動で入力されます)

   国民健康保険組合(建設国保等)場合は適用除外コード001を選択してください

   国民健康保険の場合は適用除外コード001~009から選択してください

   後期高齢者医療制度の場合は適用除外コード010を選択してください

 ・保険者番号は入力しません

 ・保険者名称は健康保険証を参照し入力して下さい

 (下に保険者名称が記載されている場所の図がありますので参照してください)

 ・健康保険確認書類は「選択」をクリックし、健康保険証の写しを添付します

 

保険者名称の記載場所の例

 

年金保険情報の入力

【厚生年金に加入している場合】

 ・加入状況は「有」を選択します

 ・種類は「厚生年金」を選択します

 ・厚生年金事業所名、厚生年金事業所整理記号、厚生年金事業所番号は

  「ゼロから始める技能者登録(証明書類編)」でご準備していただいた資料に

  記載がございますので、ご確認の上ご入力ください

  ※ハイフンやスラッシュ等の記号は省いて入力して下さい

 ・年金保険確認書類は右側の選択をクリックしご準備していただいた資料を

  添付してください

 

【国民年金に加入している場合】

 ・加入状況は「適用除外」を選択します

 ・適用除外理由を選択します。適用除外理由横の選択をクリックしてください

  (適用除外コードは適用除外理由選択後自動で入力されます)

   適用除外理理由をクリックで選択し「設定」ボタンをクリックします

 

雇用保険情報の入力

【加入している場合】

 ・加入状況は「有」を選択します

  (事業主さん代表者さんや役員さんは【適用除外の場合】を参照してください)

 ・雇用保険被保険者番号は

  「ゼロから始める技能者登録(証明書類編)」でご準備していただいた資料に

  記載がございますので、ご確認の上ご入力ください

 ・被保険者種類・区分は入力欄をクリックすることで選択できます

 ・ご用意していただいた雇用保険確認書類を添付します

 

【適用除外の場合】

 ・加入状況は「適用除外」を選択します

 ・適用除外理由右側の選択をクリックし、適用除外理由をクリックし「設定」ボタンを

  クリックします

 ・雇用保険被保険者番号は入力しません

 ・被保険者種類・区分は入力しません

 ・雇用保険確認書類もないため添付しません

 

建退共、中退共の入力

加入している方はそれぞれ入力します。加入していない方は入力項目はありません

 

【建設業退職金共済制度に加入している方】

①加入状況枠をクリックし「無」から「有」に変更します

②被共済者番号を証明書類を参照し入力します

③建設業退職金共済制度確認書類を「選択」ボタンをクリックし添付します

 

【中小企業退職金共済制度に加入している方】

①加入状況枠をクリックし「無」から「有」に変更します

②被共済者番号を証明書類を参照し入力します

③中小企業退職金共済制度確認書類を「選択」ボタンをクリックし添付します

 

簡略型登録か詳細型登録かの選択

さて、ここで「次へ」ボタンがありません

ここでは「簡略型登録で申請する」か「詳細型登録へ進む」のどちらかを選択します

 

簡略型登録で申請する場合は「簡略型登録で申請する」をクリックします

クリック後、ポップアップ画面が表示されるので「はい」をクリックし

内容確認画面が表じれるので、確認後、「申請」ボタンをクリックし申請し

「ゼロから始める技能者登録(システム入力編④)」-申請後の手続きに進みます

 

詳細型登録で申請する場合は「詳細型登録へ進む」をクリックし、

「ゼロから始める技能者登録(システム入力編③)」-労災保険特別加入から表彰履歴の入力-

に進みます