建レコアプリの使い方

ご訪問ありがとうございます

石川県七尾市の行政書士多賀と申します

 

建設キャリアアップシステムに就業履歴を蓄積させるためには

カードリーダーにキャリアアップカードをかざしますが、

その際に元請事業者が使用するアプリケーションが「建レコ」です

今回は建レコアプリの使い方について解説します

建レコのインストール方法についてはこちらをご参照ください

建レコアプリとは何か?わかりやすく解説!

 

カードリーダーの接続確認を行う

建レコアプリをインストールした後は外部端末”カードリーダー”の接続確認を行います

カードリーダーと建レコアプリをインストールした端末とを繋げてください

市販のマイナンバー対応カードリーダーPaSoRi-RC-S830(SONY)は建レコに対応していませんでした。

 

建レコアプリをインストールした後はログインする

次は建レコを起動しましょう

起動すると最初にログイン画面が表示されるので、ログインします

建レコログインできるのIDは事業者IDか管理者ID(現場管理者含む)です

技能者IDは建レコにアクセスする権限が無いのでログインできません

 

権限が無いIDでログインしようとすると下のメッセージが表示されます

ログインエラー ログインできませんでした

SYSA0001E

システムでエラーが発生したため処理が中断されました

ヘルプデスクに問い合わせしてください

ERRORCODE:SYS00011E

何かシステムエラーが発生したかのようなメッセージですが、

ただ権限が無いだけです

上記メッセージが表示されたらログインするIDを確認しましょう

 

ログインIDやパスワードの入力を間違えると下のメッセージが表示されます

ログインエラー

ログインできませんでした

正しい管理者ID・パスワードを入力して下さい

あと〇回間違えるとセキュリティの理由により、端末内のデータが削除されます

上記メッセージが表示されたらログインするIDやパスワードを確認しましょう

(現在どのレベルまでのデータが削除されるのか勝手に検証中)

 

ログインIDやパスワードの入力を複数回間違えると下のメッセージが表示されます

警告

セキュリティ上の理由により、一部の機能を停止します。就業履歴の自動送信は行われません。

機能を回復するには、ネットワーク接続状態で再度ログインしてください

上記メッセージが表示されたらログインするIDやパスワードを確認し、

ネットワーク接続状態で再度ログインしてください

一部機能の停止 -> 全てのユーザーのオフラインログイン不可、自走送信機能の停止

 

現場情報画面の説明

ネットワークに接続されている場合に画面右上の「現場情報の取得」ボタンをクリックすると

建設キャリアアップシステムに登録してある現場情報を読み込んでくれます

通常は最初のログイン時に最新の情報が読み込まれますが、

それ以降は自動で更新されません。最新の情報を取得するには「現場情報を取得」を

クリックしできるだけ最新の情報を取得するようにしてください

 

就業履歴蓄積期間の黄色警告!は就業履歴蓄積期間が残り30日以内

就業履歴蓄積期間の赤色警告!は就業履歴蓄積期間外です

就業履歴蓄積期間終了から1ヶ月以上経過している現場は基本表示されませんが

データが未送信の場合は表示されます

就業履歴蓄積期間を変更するには建設キャリアアップシステムにログインし修正する必要があります

 

表示された管理現場一覧で現場をクリックすると画面が切り替わります

クリックした現場の契約情報/施工体制登録技能者一覧/送信履歴一覧を確認することができます

 

契約情報・・・工事名称、発注者名、契約工期、現場住所が確認できます

施工体制登録技能者一覧・・・施工体制登録されている事業者とそれぞれの作業員名簿が

               確認できます

 (施工体制に登録されているが作業員名簿が登録されていない事業者はここで判断できます)

送信履歴一覧・・・過去に行った就業履歴の送信情報が確認できます

 

送信履歴のステータス状況
未送信就業履歴をサーバーに送信していません
自動送信されるのを待つか手動送信でデータ送信を行うことができます
送信結果待ち就業履歴はサーバーに送信しましたが、サーバー上の処理結果待ちです
送信成功就業履歴がサーバーにて適切に処理されました
送信失敗就業履歴の送信が失敗しました
「就業履歴を再送信」をクリックしてください
結果不明就業履歴のサーバーでの処理結果が不明です
「就業履歴を再送信」をクリックしてください

 

就業履歴登録を行う

①建レコにて現場を選択します

 

②日付境界時刻を設定します

 朝7時に入場開始し、夕方6時までに全員退場する場合は初期値の00:00で問題ありませんが、

 深夜0時をまたいで稼働する場合は、全員の退場から翌日の入場までの時間帯の

 区切り時間を設定します

 

 例)夕方6時以降に入場し翌朝5時までに退場する現場の場合は

   日付境界時刻を朝9時などに指定します

 

③入退場を記録するかを選択します(初期値はOFF設定です)

 ONにすると入場と退場を記録することができます。ケースに応じて使い分けてください

 入場と退場を間違えて登録した場合は、正しい方を選択して再度カードをかざしてください

 

③「就業履歴登録を開始する」をクリックして就業履歴を蓄積する

画面下の「就業履歴登録を開始」をクリックすることで

就業履歴蓄積スタンバイ状態となります

スタンバイ状態でキャリアアップカードをかざすと就業履歴が蓄積されます

※建レコや建設キャリアアップシステムではカードリーダーをかざして蓄積された就業履歴は

変更や削除はできません

 

④就業履歴の蓄積が終了する場合は画面左上の「登録終了」をクリックします

 建レコアプリに蓄積された就業履歴データを自動送信したいので、

 ネットワークに接続された状態、かつ建レコアプリが起動されている状態で放置します

 (ログアウト状態でも自動送信は実行されます)

 自動送信時間になると自動送信が実行されます

 送信成功、送信結果待ち、送信失敗、送信結果不明のステータスは自動送信の対象とは

 なりませんので、各種操作画面にて手動一括送信機能などを使用し、データを送信してください

 

こちらの記事もご参照ください「建レコにログインできない場合の対応方法

 

お悩みは1つだけですか?

多賀事務所では1か月間5,500円(税込)~で運用や操作をサポートいたします

お試し1ヶ月契約も歓迎中!