ゼロから始める事業者登録(証明書類編)

 

ご訪問ありがとうございます

石川県七尾市の行政書士多賀と申します

 

今回は建設キャリアアップシステムに事業者登録される方に向けた事業者ID登録時の

ご準備していただく証明書類を紹介します

 

【ご用意していただくもの(法人/個人常用5人以上/個人事業5人未満)】と

【マスキング編】の2部構成となっております

マニュアルでは加入社会保険等証明書類は何種類も規定されています

実際の申請ではその中からご用意しやすものを1つ添付します

当HPではご用意しやすいだろうと独自に判断したものを掲載しております

ケースによりご用意できない証明書類などもあるかと思いますが、

細かいケースに関しては今回は省略しました。今後順次対応していきます

あらかじめご了承ください

なお、証明書類は最新のものをご準備ください

またこちらもアップしましたので技能者登録の際はご参照ください

ゼロから始める技能者登録(証明書類編)」

 

ご用意していただくもの(法人)

事業所側(法人)でご用意していただくものをまずはご用意ください

ご用意していただく各書類は行政側の押印されているものが必要です

 

必須となる書類

【事業所/資本金確認書類】

 建設業許可がある場合:建設業許可証明書の写しもしくは建設業許可通知書の写し

            (直近に変更届を提出している場合は上記と併せて変更届の写し)

 建設業許可が無い場合:事業税または法人税の確定申告書の写し(受付印があり1年以内のもの)と

            履歴事項全部証明書の写し(申請日から1年以内のもの)

            (事業開始間もない場合で、かつ法人税の納付時期を迎えていない場合は

             履歴事項全部証明書の写し(申請日から1年以内のもの)のみ)

 「履歴事項全部証明書(写し)」を提出される際の注意点
  証明日及び公印を確認するため、証明書が複数枚にわたる場合は

  最後のページも併せてご提出ください

 

【健康保険・年金加入証明書類】

 健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額決定通知書の写し(直近のもの)

 この書類には事業所整理記号と事業所番号の記載があることを確認してください

 実際の申請の際に入力する必要があります

 (領収書等でも構いませんが、技能者ID登録を行う際に必要ですので上記が望ましいと思います)

 

【雇用保険加入証明書類】

 納付書・領収証書の写し(直近のもの)

 もしくは

 労働保険概算増加概算確定保険料申告書の写し(直近のもの)

 

加入している場合は必要な書類(加入していない場合は不要)

【建設業退職金共済制度加入証明書類】

 建設業退職金共済契約者証の写し

【中小企業退職金共済制度加入証明書類】

 退職金共済手帳の写し

【労災特別加入証明書類】

 労災保険特別加入加入済確認証の写しもしくは労災保険特別加入証の写しもしくは

 労災保険加入証明書の写し

 

ご用意していただくもの(個人常用5人以上)

事業所側(個人常用5人以上)でご用意していただくものをまずはご用意ください

ご用意していただく各書類は行政側の押印されているものが必要です

 

必須となる書類

【事業所確認書類】

 建設業許可がある場合:建設業許可証明書の写しもしくは建設業許可通知書の写し

            (直近に変更届を提出している場合は上記と併せて変更届の写し)

 建設業許可が無い場合:所得税の確定申告書の写し(受付印があり1年以内のもの)

            個人事業開業届の写し(開業届出日から1年以内のもの)

 

【健康保険・年金加入証明書類】

 健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額決定通知書の写し(直近のもの)

 (領収書等でも構いませんが、技能者ID登録を行う際に必要ですので上記が望ましいと思います)

 

【雇用保険加入証明書類】

 納付書・領収証書の写し(直近のもの)

 もしくは

 労働保険概算増加概算確定保険料申告書の写し(直近のもの)

 

加入している場合は必要な書類(加入していない場合は不要)

【建設業退職金共済制度加入証明書類】

 建設業退職金共済契約者証の写し

【中小企業退職金共済制度加入証明書類】

 退職金共済手帳の写し

【労災特別加入証明書類】

 労災保険特別加入加入済確認証の写しもしくは労災保険特別加入証の写しもしくは

 労災保険加入証明書の写し

 

ご用意していただくもの(常用個人5人未満)

事業所側(個人常用5人未満)でご用意していただくものをまずはご用意ください

ご用意していただく各書類は行政側の押印されているものが必要です

 

必須となる書類

【事業所確認書類】

 建設業許可がある場合:建設業許可証明書の写しもしくは建設業許可通知書の写し

            (直近に変更届を提出している場合は上記と併せて変更届の写し)

 建設業許可が無い場合:所得税の確定申告書の写し(受付印があり1年以内のもの)もしくは

            個人事業開業届の写し(開業届出日から1年以内のもの)

 

【健康保険・年金加入証明書類(協会けんぽ/健康保険組合/建設国保に加入の場合)】

 健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額決定通知書の写し(直近のもの)

 もしくは

 納付書・領収書の写し(直近のもの)

【健康保険・年金加入証明書類(国民健康保険・国民年金に加入の場合)】

 不要

 

【雇用保険加入証明書類(従業員がいる場合)】

 納付書・領収証書の写し(直近のもの)

 もしくは

 労働保険概算増加概算確定保険料申告書の写し(直近のもの)

【雇用保険加入証明書類(従業員がいない場合)】

 不要

 

加入している場合は必要な書類(加入していない場合は不要)

【建設業退職金共済制度加入証明書類】

 建設業退職金共済契約者証の写し

【中小企業退職金共済制度加入証明書類】

 退職金共済手帳の写し

【労災特別加入証明書類】

 労災保険特別加入加入済確認証の写しもしくは労災保険特別加入証の写しもしくは

 労災保険加入証明書の写し

 

証明書類マスキング必要箇所一覧

マスキングとは表示されている箇所を覆い隠す作業を指します

例えば書類の種類が所得税の確定申告書の場合、

所得税の確定申告書には個人番号の記載があります。

この場合、個人番号がマスキング必要箇所となります

建設キャリアアップシステムに事業者登録を行う際、マスキング箇所を隠してなければ

申請が不備として扱われます

(運用側でマスキング処理する可能性もありますが申請件数の大小で変動するかもしれませんので

 過度の期待はしないほうが無難でしょう)

マスキング方法は紙でマスキング必要箇所を覆い隠すなどでかまいません

 

なお、「称号又は名称()屋号」「代表者名」「所在地」「資本金」は

マスキング処理しないでください

マスキング必要箇所の見本は証明書類見本一覧(事業者)をご確認ください

 

書類の種類マスキング必要箇所
建設業許可証明書なし
建設業許可証明書なし
履歴事項全部証明書なし
事業税/法人税の確定申告書なし
所得税の確定申告書個人番号
個人事業の開業届個人番号
健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額決定通知書被保険者氏名などの情報
労働保険概算増加概算確定保険料申告書なし
各領収書なし
建設業退職金共済契約者証なし
退職金共済手帳なし
労災保険特別加入加入済確認証なし
労災保険特別加入証なし
労災保険加入証明書なし

  

所得税の確定申告書並びに個人事業の開業届のマスキング箇所はそれほど

ややこしくないですが、健康保険厚生年金の月額決定通知書のマスキング箇所はちょっと

文字だけではわかりにくいので画像を添付します

あと、技能者登録の際にこの月額決定通知書を証明書類として使いますが、

マスキング箇所が多少異なります。

黒ペン等で黒く塗りつぶすと技能者登録申請の際に困りますので

できれば付箋紙などをご使用しマスキング処理することをお勧めします

なお、運営主体が公表しているマスキング箇所を参照したい方は↓から

                      (証明書類一覧(事業者登録)

 

マスキング処理をした後はお手持ちのスキャナーでスキャンしてください

(スキャナがなければデジカメ等で撮影しパソコンに取り込んでも構いません)

スキャンする際のファイル形式はJPG(JPEG)です

JPG(JPEG)以外のファイル形式は添付できません

PDFファイルは添付できません

スキャンしたときのファイル名はわかりやすいファイル名にすると

添付する際に、添付ミスを防げます

添付ミスも申請不備要因となります

例:建設業許可証明書をスキャンした場合もファイル名(建設業許可証明書.JPG)

 

こちらもご覧ください【ゼロから始める事業者登録(システム入力編)】