【CCUS】所属事業者と異なる事業者で就業する場合

ご訪問ありがとうございます

石川県七尾市の行政書士多賀と申します

 

建設キャリアアップシステム(CCUS)を活用していくうえで通常とは異なったケース

例えば、「フリーランスなので今回だけ異なる事業者で就業する」や

「技能者IDの所属事業者の変更申請を行ったが、まだ変更申請が完了しないため

新たに属する事業者側で作業員名簿登録ができない!」といったケースが発生します

いわゆる関連付けがなされていない状態では通常、作業員名簿登録は行えませんが、

今回はそのようなケースに対応した便利な機能

「所属事業者と異なる事業者の元で就業する技能者の施工体制登録」について解説します

 

「所属事業者と異なる事業者の元で就業する」とは

通常技能者は所属する事業者の元で作業を行っています

建設キャリアアップシステム的に表現すると所属する事業者が施工体制登録され、

施工体制登録された自社の中で作業員名簿登録され、就業履歴を蓄積します

「所属事業者と異なる事業者の元で就業する」を建設キャリアアップシステム的に表現すると

所属する事業者は施工体制登録されないけど、施工体制登録された他社の技能者として

作業員名簿登録され、就業履歴を蓄積します

つまり建設キャリアアップシステムの技能者IDに登録してある所属事業者と

異なる事業者の元で現場作業を行うことができます

 

例えば、A工業株式会社の技能者Bさんが、今回は所属事業者(A工業株式会社)ではなく、

Z建設株式会社の元で作業を行いたいケース(※今回A工業株式会社は施工体制登録されない)

 

このようなケースの場合、通常Z建設株式会社さんは

A工業株式会社の技能者Bさんを作業員名簿登録できません

A工業株式会社は施工体制登録されないケースなので、施工体制登録されない他社の技能者は

今回の現場では作業員名簿登録ができません。

※建設業の違法労働者派遣にあたらないケースを前提で記事にしています

 

上記のケース(他社で例外的に勤務する)は基本的にあまり無いと思いますが、

この「異なる事業者の下」とは技能者IDに登録してある所蔵事業者と異なっているだけではなく

所属事業者関連付けが完了していない場合も、「異なる事業者の元」とシステム上みなされます

つまり、所属事業者関連付けがされていない技能者も建設キャリアアップシステムで

操作をすることで作業員名簿に登録することが可能になります

この「所属事業者と異なる事業者の元で就業する技能者の施工体制登録」は

所属事業者関連付けが間に合わなかった場合の臨時措置としても使用可能です

 

または、フリーランスで建設業を営んでおり特定の事業者に属していない場合で

技能者登録はしているが、事業者登録していない場合なんかは

現場現場でこの操作を行うことで作業員名簿登録が可能になります

 

操作の流れと注意点

所属事業者と異なる事業者の下で就業する技能者の施工体制登録の操作の流れは

①技能者側から対象事業者に要請の依頼

②対象事業者が承認する

上記の要請と承認を行うことで所属している技能者と同じく、作業員名簿に登録することができます

 

【注意点①】

1現場ごと毎回行わなければなりません

例えば現場Aで技能者Zさんを作業員名簿登録をし、無事現場の作業が終了したとします

新たな次の現場Bで技能者Zさんを名簿登録したい場合は再度「要請~承認」が必要になります

 

毎現場ごとに「要請~承認」が必要になるので多少面倒ですが

「所属事業者と異なる事業者の元で就業する技能者の施工体制登録」は

所属事業者関連付けが終了するまでの間に合わせとして使用したほうが良いでしょう

所属事業者関連付けをせずに毎回要請と承認を繰り返すのはあまりメリットは無いと思います

 

【注意点②】

下請事業者の従業員として登録される

対象事業者の従業員として作業員名簿登録することになります

対象事業者の下請けとして登録することになりませんので注意が必要です

なので、元請事業者が作業員名簿を出力した際に

「えっ、なんで所属事業者と異なる~施工体制登録を行ってるの?」と

説明を求められることがあります。なので説明に困らない状況で使用する機能になります

 

実際の操作方法

前述したとおり今回の作業は技能者側からの要請と他事業者側からの要請が必要です

 

【技能者側からの操作方法(他事業者への要請)】

※要請を行う前に対象事業者へ技能者IDと技能者名、これから要請を行う旨をお伝えすることで

 今後の操作がスムーズに行えます

 

①建設キャリアアップシステムにログインし

 「340_施工体制登録」をクリックし「所属と異なる事業者の元での就業要請」をクリックします

②表示された画面が「合意要請フォーム」となっているので

 今回要請したい事業者を事業者IDや事業者名等を入力し検索ボタンをクリックします

③検索を行うと画面下の事業者一覧に該当事業者が表示されます

 もし、検索されないようなら検索条件を変えて検索しなおしてください

④要請したい事業者が表示されましたら左の行選択で該当事業者のラジオボタンにチェックを入れ

 左下の「要請」をクリックします

※要請前に要請先の事業者名や所在地をご確認ください

 もし、誤りに気付いた際は「要請します。よろしいですか?」で「いいえ」をクリックし

 戻ってください

⑤要請先に誤りがないことを確認し、「はい」をクリックし要請が完了します

⑥「合意リスト」タブで現在のステータスを確認できます

 未承認 -> まだ承認されていません

 合意  -> 承認されました

 否認  -> キャンセルされました

 

【事業者側からの操作方法(要請に対する応答)】

①建設キャリアアップシステムに事業者IDでログインします

②トップ画面の通知が届くのでクリックします

 【施工体制】20xx/xx/xx 他事業者要請が登録されました

③通知をクリックすると下のような表示がされます。

 表示内容確認後閉じる」ボタンをクリックします

 以下の登録者情報より他事業者要請が登録されました。

 要請内容は承認画面からご確認をお願いします

 【登録者情報】xxxx

 【日付】   xxxx

 

④合意もしくは否認の作業を行います

 左メニュー「620_施工体制登録」をクリックし「40_承認要請リスト」をクリックします

⑤表示された画面で「未承認のみ表示」にラジオボタンにチェックが入っていることを確認し

 「検索」をクリックします (もしかしたら検索せずとも既にに表示されているかもしれません)

 ※未承認以外も表示にラジオボタンをチェックを入れ検索すると

  現場情報も引っ張ってくるので煩わしいです

 

⑥依頼元名(事業者、技能者)を確認

 承認要請内容が【所属事業者以外の施工体制登録の合意】

 ステータスが【未承認】となっている行の「確認」ボタンをクリックします

⑦確認ボタンをクリックすると要請した技能者の情報が表示されますので

 確認後、承認する場合は「承認」ボタンを

 否認する場合は「否認」ボタンをクリックします

⑧確認のポップアップ画面で「はい」をクリックし作業が完了しました

⑨その後作業員名簿登録が行える環境になりましたので作業員名簿登録へと進んでください

 

ステータスの確認方法

技能者さんが他事業者へ承認要請した場合、他事業者の承認/否認作業を待つことになります

ここでは承認要請のステータスが現在どのようになっているか確認する方法を紹介します

 

【技能者がステータスを確認する方法】

①建設キャリアアップシステムにログインし

 左メニュー「340_施工体制登録」「20_所属と異なる事業者の元での就業要請」をクリック

②表示された画面は合意要請フォームですので

 上段の「合意リスト」をクリックします

③合意リストをクリックすることで現在のステータスを確認することができます

 ステータスが未承認だとまだ処理がされていません

 ステータスが否認だと否認されました

 ※否認されたとしても、再度合意要請フォームから同一事業者へ再度要請することはできません

  承認する場合は、事業者側が「承認」作業を行う必要があります

 誤って最後合意要請フォームから同一事業者へ要請作業を行うとエラーが表示され

 処理が行われません

   他事業者要請情報_他事業者要請情報登録処理に失敗しました

   詳細:xxx:他事業者要請情報_他事業者要請情報登録した事業者は既に要請されています

 

【事業者がステータスを確認する方法】

①建設キャリアアップシステムにログインし

 左メニュー「620_施工体制登録」「40_承認要請リスト」をクリック

②表示された画面では「未承認のみ表示」のラジオボタンにチェックが入っていますので

 「未承認以外も表示」のラジオボタンにチェックを入れ「検索」ボタンをクリックします

③承認要請内容一覧から「所属事業者以外の施工体制登録の合意」のステータスが確認できます

 ステータスが合意だと合意処理しました

 ステータスが未承認だとまだ処理をしていません

 ステータスが否認だと否認処理しました

 

【承認したが否認に変更したい場合/否認したが承認に変更したい場合の操作】

①建設キャリアアップシステムにログインし

 左メニュー「620_施工体制登録」「40_承認要請リスト」をクリック

②表示された画面では「未承認のみ表示」のラジオボタンにチェックが入っていますので

 「未承認以外も表示」のラジオボタンにチェックを入れ「検索」ボタンをクリックします

③承認要請内容一覧から今回変更したい「所属事業者以外の施工体制登録の合意」右側の

 確認ボタンをクリックします

④表示されたポップアップ画面にて承認もしくは否認に変更することができます

※該当技能者が作業員名簿登録されるとステータスが「施工体制登録済」に変更されます

 このステータスだと否認はできません

 作業員名簿登録から削除しても今のところ、否認できません

 

こちらの記事もどうぞ 【CCUS】就業履歴の直接入力の利便性と注意点

 

お悩みは1つだけですか?

多賀事務所では1か月間5,500円(税込)~で運用や操作をサポートいたします

お試し1ヶ月契約も歓迎中!