【CCUS】作業員名簿登録(個別登録)の解説

ご訪問ありがとうございます

石川県七尾市の行政書士多賀と申します

 

今回は建設キャリアアップシステム(CCUS)における作業員名簿登録(個別登録)に

ついて解説します

作業員名簿登録は建設キャリアアップシステム(CCUS)に技能者さんの就業履歴を

記録させるために重要な作業ですので、ぜひご一読ください

 

建設キャリアアップシステムの作業員名簿登録とは

建設キャリアアップシステムの作業員名簿登録とは

建設キャリアアップシステムに登録された自社が施工する現場情報に

どの技能者を配置するかをシステム上、登録する行為です

設定することで現場に配置された技能者が現場でカードを「ピッ!」と読み込んだときに

就業履歴が建レコを通じて蓄積されます

 

作業員名簿登録を行う2つの方法

作業員名簿登録を行う方法は下記2パターン存在します

それぞれメリットとデメリットが存在します。どの方法を採用するかは

システムに作業員さんを登録するにあたり、どれが「ラク」かを

判断基準にしていただいて構いません

 

・作業員名簿登録(個別登録)

 その都度、現場で作業する作業員さんを1名1名登録する方法

 メリット :現場で作業する作業員さんがパターン化していない場合に有用

 デメリット:毎回登録作業が必要になる。作業員さんの人数が多いと面倒

 

・作業員名簿パターンを作成し、まとめて登録

 あらかじめ作業する作業員さんの名簿を作成しておき、現場が発生時にその名簿を貼り付ける方法

 メリット :現場で作業する作業員さんがある程度パターン化している場合に有用

 デメリット:現場で作業する作業員さんがパターン化していないと、活用しずらい

       あらかじめ、パターンを作成しておく必要がある

 

 

作業員名簿登録(個別登録)の方法

注意点:事業者と所属技能者は関連付けされている必要があります

    すでに現場契約情報が登録されており、施工体制に自社が登録されている必要があります

所属技能者の関連付け確認は以下ページをご参照ください

 

①建設キャリアアップシステムに管理者IDでログイン

②左メニューの「620_施工体制登録」から「20_技能者登録」をクリック

③自社が施工体制に登録されている現場にチェックをいれ、現場を検索し自社を選択し設定

④表示された画面を下にスクロールしていき、左側の明細登録をクリック

⑤現場技能者選択画面にて検索ボタンをクリックし、技能者を検索します

 

※技能者を検索しても技能者が表示されない場合は関連付けされていない可能性があります

 

⑥現場に配属する作業員にチェックを入れ、設定ボタン押し、技能者をどんどん設定してください

※誤って別の作業員を登録した場合はこの段階で削除もできます。登録後にも削除が可能です

  

ー注意点(登録された技能者情報の編集について)ー

※登録された技能者情報は編集ボタンを押下し技能者情報の確認をしてください

 編集ボタンをクリックすると該当の作業員の作業員情報編集画面が表示されます

 表示された画面にて職種立場の確認をお願いします

 特に「立場」に関しては確認してください

 作業員情報は建設キャリアアップシステムに技能者IDを登録した際に

 指定した情報を読み込んでいます(就業履歴デフォルト)

 と、いうのもこの箇所がレベル判定(能力評価)を行う際に重要な意味を持つからです

 (なるべく確認する癖をつけておくと良いと思います)

 

⑦一通り現場に配置する技能者を設定します

 ※配置設定した技能者を主任技術者として登録する場合は、

 主任技術者の左側の「技能者選択」ボタンをクリックし、主任技術者を設定し

 専任区分の専任/非専任を選択してください

⑧最後に登録ボタンをクリックすると作業員名簿(個別登録)が完了します

 

作業員名簿登録(個別登録)にて

万が一、現場で作業する作業員さんの技能者IDの登録漏れが発生すると

作業員さんが現場にてカードをスキャンするとエラーメッセージが表示されますのでご注意ください

その場合は、現場管理者ID担当者等が建設キャリアアップシステムにログインし

作業員名簿登録(個別登録)で漏れがあった技能者を追加し対応するか、

カードスキャンでの就業履歴の登録をあきらめて

後日、就業履歴をマニュアル入力する等のオペレーションが必要になります

 

当行政書士事務所では建設キャリアアップシステム登録の無料相談や

登録のご依頼など承っております!

また、登録済みのお客様も運用/操作のご質問を承っております。

お問い合わせはこちらから↓