【面倒】な建設キャリアアップはこれで解決!

建設キャリアアップシステムに対するイメージが

「登録が面倒」「忙しくてそんな時間が作れない」「マニュアルを読むだけで心が折れる」

「周りの事業者も登録し始めてきているが、なかなか重い腰が上がらない」

非常に多くの方が思われています

 

このように登録だけフォーカスされがちですか、

建設キャリアアップシステムは「登録しただけでは安心はできません!」

 

みなさん、想像がつきますか?

登録後にどのようなパソコン操作が待っているか

 

建設キャリアアップシステムに登録後の操作が想像がつかない理由、

それは建設キャリアアップシステムの操作の流れが理解できていないからです

操作の流れが理解できていないから、どのような操作が必要なのかがわからないのです

 

でもご安心ください!

こんな面倒な建設キャリアアップシステムに対する

事業者様のお悩みは行政書士多賀事務所にお任せください

 

【お見積り無料!お見積り後のキャンセルもOK】

建設キャリアアップシステムへの代行登録にて行う費用を知りたい方、

相見積もりされたい方など、お見積りページからお問合せください

お見積り後キャンセルとなった場合でも、料金は一切かかりません!

 

今回は特別に無料お見積りされた方全員に

失敗しない!「建キャリ」スタート(A4-PDF版)をプレゼント中!

建設キャリアアップシステムを効率的に理解するオリジナル小冊子!

今後の操作にぜひ、お役立てください!

無料お見積りはこちらから【無料お見積り】建設キャリアアップシステム

 

【登録後1年間のアフターフォロー】

建設キャリアアップシステムは事業者登録や技能者登録をしただけでは何もできません

登録後はキャリアアップシステムに現場登録や作業員登録などが必要となり、

その他にもレベル判定や関連付け等々、いろいろな作業が発生します

当事務所にて代行登録後の1年間、フォローいたします

 

【全国対応】

全国どこでもいつでも代行で登録を承っております

建設キャリアアップシステムに関するご相談なども随時承っております

 

 

 

建設キャリアアップシステムの登録が面倒な3つの理由

 

  • 申請ガイダンスを読むのが面倒

 建設キャリアアップシステムに登録するためには、申請ガイダンスを理解する必要があります

 事業者登録用と技能者登録用の2冊を読むのは大変です

 

  • 証明書類を準備するのが面倒

 建設キャリアアップシステムに登録するためには証明書類を添付します

 何が証明書類となるかは加入社会保険等証明書類一覧を参照し添付する必要があります

 

  • レベル判定を行うために設定しなければいけない項目がある

 レベル判定を行うには建設キャリアアップシステムを正確に登録しなければいけません

 適当に登録すると後々変更申請しなければいけなくなるケースが発生します

 

 

そんな面倒から解放されませんか?  

 

 

建設キャリアアップシステムで “苦手意識をお持ちの方”

建設キャリアアップシステムの “登録後の操作に迷いたくない方”は当事務所にご依頼ください