【レベル判定】建設業許可をお持ちでない場合の申請方法

ご訪問ありがとうございます

石川県七尾市の行政書士多賀と申します

 

建設キャリアアップシステムに登録した事業者さんや技能者さんが

建設技能者の能力評価制度(レベル判定)を行うケースが増えているような

実感を受けるようになってきました

この能力評価制度(レベル判定)を申請するには事業所の建設業許可番号の

入力項目があり、現状は必須項目となっています(令和3年1月現在)

今回は建設業許可をお持ちでない事業者さんのレベル判定の申請方法について

記載させていただきます

 

建設業許可番号がないとレベル判定を受けれない?

現在、レベル判定の申請を行うには建設業許可番号の入力が必須となっています

レベル判定の申請時に建設業許可番号欄を空白で申請することは不可能です

つまり、建設業許可番号をお持ちでない事業者はレベル判定の申請を行うことはできません

ただ、誤解していただきたくないのですが、

その事業者がレベル判定の申請を行えないだけであり、技能者がレベル判定を受けることは可能です

 

どういうことかといいますと、

建設業許可をお持ちでない会社様は申請自体はできません

しかし、その申請を別の方に”レベル判定の代行申請”の依頼すれば良いのです

そうすれば、技能者はレベル判定を受けることが可能となります

 

ちなみにレベル判定申請する際に入力した事業者IDと建設業許可番号が不一致の場合、

後日補正依頼がかかります

 

<不一致の内容>

事業者IDと建設業許可番号が一致しません

という、内容不備のメールが届き、申請が差し戻されます

 

レベル判定を代行申請する”別の方”とは

よって建設業許可をお持ちでない事業者が建設技能者のレベル判定を行うには

”別の方”に代行申請を依頼する必要があります

 

レベル判定の代行申請を依頼できる”別の方”とは下記2通りです

許可をお持ちの元請事業者または下請事業者に代行申請を依頼する方法

 (上記事業者は当然に建設キャリアップシステムの事業者登録済み業者となります)

申請する職種の能力評価実施団体様に代行申請を依頼する方法(能力評価実施団体一覧)

 (令和3年1月ヘルプデスク確認済み)

 

代行申請を依頼するといっても建設キャリアアップシステムのような代行申請

つまり、代行申請を依頼する側の「要請」と代行申請を依頼される側の「承認」のような

複雑な操作が必要になるわけではありません

代行申請を行う側は自社のレベル判定システムのログインIDを使用し

レベル判定システムにログインし建設業許可をお持ちでない事業所の

技能者のレベル判定申請を行います

代行申請の依頼は電話やメール等の連絡手段で相手方に代行申請のご依頼を

受けていただけるかの相談から始まります

 

代行申請の依頼後の準備

代行申請をしていただける相手方が了解が得られた場合は

レベル判定する技能者の情報や記入済個人情報利用同意書の写し等を提供する必要があります

 

具体的には、

①個人情報利用同意書の写し(レベル判定を行いたい技能者の記入押印が済んだもの)

②申請する技能者の情報

  ・建設キャリアアップ技能者ID

  ・技能者氏名

  ・生年月日

  ・所属する事業者の建設キャリアアップ事業者ID

  ・所属事業者名称

  ・所属事業者所在地

③申請する技能者のレベル判定情報

  ・申請したい技能職種

  ・申請レベル

  ・就業を開始した年月日

  ・班長/職長としての就業年月日(申請レベル1or2の場合)

④建設キャリアアップカード送付先の情報

送付先住所とは新しいキャリアアップカードやレベル判定を行った費用の請求書が

送付される住所を指しますので請求書等を建設業許可をお持ちでない事業者宛に送ってほしい場合は

送付先住所は建設業許可をお持ちでない事業者の情報ということになります

  ・送付先郵便番号

  ・送付先住所(番地や建屋名、会社名も含む)

  ・送付先電話番号

 

上記①~④の情報が代行申請を依頼する場合の必要な情報となります

また今後、必要な情報が増えるようなら随時更新していきます

 

問題は解決しましたか?

解決しなかった、操作がわからない、操作に不安があるなど

ご不明な点は下記よりお問い合わせくださいい